保育士になって子どもとふれ合おう|求人見つけたら即行動

男女

就職する

書類

保育士になるためには、専門的な知識や技術を磨くために学校にいって学ぶことが必要なことになります。採用をされるためにも、自分の力をしっかりとつけていくように努力をして立派な保育士になれるようにしましょう。

詳しくはこちら

学生の方に人気です

笑顔の女性

塾アルバイトの場合は自分のスケジュールに合わせて仕事をする事ができます。平日であれば自分の学校が終わったあと土日であれば朝から出勤をする事ができます。スケジュールを調整しなくて良いので働きやすいと考えられているのでしょう。

詳しくはこちら

保育の仕事をしませんか

勉強する男性

現在の保育事情

昔は、当たり前のようにおじいちゃんなどと一緒に生活をする家庭が多くありました。ところが、最近では、ほとんどの方が核家族で生活をしています。そのうえ、専業主婦が少なくなり、女性も男性と同じように、外に出て責任のある仕事をするようになってきました。そのために、少子化と言われてる世の中ですが、保育施設の需要が急増しています。それにともない、保育士の求人も急増しているのが現状です。以前は、保育士というと、若い女性に人気の職種でした。しかし、現在では、女性だけでなく男性の保育士の求人も増えています。その理由のひとつに、母子家庭や父子家庭の増加もあり、保育施設に求められることが多様化してきたのも現状です。

保育施設に求められる事

男性と女性は平等と言われていても、やはり役割や得意分野に違いがあります。子供と一緒に身体を使って思いっきり遊ぶという事は、男性の保育士の方が得意分野です。また保育施設での力仕事なども男性がいた方が助かります。子供の対する接し方に関しても、男性と女性では微妙に違いがあります。その両方を体験できることは、子供にとっても有意義な事です。また、父子家庭のお父さんにとっては、男性の保育士の方が相談しやすいというメリットもあります。男性保育士の求人が増えているように、女性の保育士も様々な年齢の求人があります。特に、子育てを経験した女性は重宝されます。保育士というのは、子供の教育や世話をする事だけが仕事ではありません。育児に悩む保護者の相談にのることも大切な仕事です。そのために子育てで様々な経験をした女性が重宝されるんです。ぜひ、やりがいのある保育士の仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

塾でバイトをする

スーツの男女

大学生は夏休みなどの休暇を利用して塾講師として働くことでまとまった収入を得ることが可能です。塾は生徒を指導する立場であるためやりがいもあり、時給も高いため人気がある職種です。将来教育の仕事をしたい人にはおすすめです。

詳しくはこちら